So-net無料ブログ作成

銃撃された大東隆行社長ってどんな人?性格は?撃たれた理由は? [事件]

京都市で「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの
社長:大東隆行社長さん(72)が銃撃され、死亡が確認されたという事件が
ネットやTVを騒然とさせているようですね。


犯人はそのまま逃走しており、
京都府警は殺人事件として捜査しているそう。


事件がこれほど、注目を集めているのは、
「銃撃」という物騒な事件であることだけでなく、
亡くなった
<大東隆行社長の人柄>
の影響も大きいようなので、調べてみました。

001.jpg


大東隆行(おおひがしたかゆき)社長は、
<社長であるにもかかわらず、社員以上に基礎的な雑務も行う人格者>
として、知られ、
・本社には毎朝6時に出社する
・玄関や駐車場の清掃
・トイレ掃除
などを習慣的に行っていたそう。


また、社員に対する思いやりもあり
・直営店の店長300人の名前だけでなく、フランチャイズの オーナーの名前も全て暗記している
・社員の配偶者には欠かさず花束をプレゼントする
など、社員を大切にする良き社長として有名だったそうです。


慕われこそすれ、なぜ、これほどの人格者であるはずの
大東社長が殺害されなくてはならなかったのか?


ネットでは、銃撃された理由を
「一部ブラック体質だった王将チェーンの待遇に不満をもった従業員からの恨み」
などと、さまざまな憶測が飛び交っているようですが、まだ真相はわかりません。


今後の速報に注目ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。