So-net無料ブログ作成

【画像】ホームレスを救った野良猫ボブとは? [海外]

TV番組「アンビリバボー」で紹介された
「野良猫ボブ」という猫が話題のようですね。

野良猫ボブは、2007年に、イギリス、ロンドンの
路上ミュージシャンだったジェームズ・ボーエンさん(28)に拾われた猫です。

o0490032812369283800.jpg


ジェームズさんは、当時、
「ロックスターになる」
という夢が叶わない現実から逃れるため、
薬物を使うようになり、ヘロイン中毒になってしまいました。

「1日中路上で演奏しても、3000円ほどの稼ぎがやっと」
という状態に嫌気が指していたジェームズさんの元に、
ある日、一匹の野良猫がやってきました。

それがボブです。

ボブは、ジェームズさんに初めて会った時、
ケガをしていたので、ジェームズさんは、
ボブのケガが治るまでの2週間だけ、行動を共にするつもりだったといいます。



・・・・・・・・・続きは後半へ






後半ここから・・・・・・・・・



しかし、ケガが治ってもボブは一向にジェームズさんの
そばを離れようとせず、それどころか、路上演奏についていき、
お客さんを呼ぶマスコットキャラクターのような存在になったそうです。

o0490065312369284206.jpg


ジェームズさんは、ボブが来てからというもの・・・・

・路上演奏の稼ぎが3倍になる

・生活困難者の自立を支援のためのカルチャー情報誌「ビッグイシュー」の販売員となり、
さらに生活が安定する

・薬物中毒が克服できる

などの幸福が訪れるようになり、さらに、
2人の物語を書籍化した本:「ボブという名のストリート・キャット」
がイギリスで80万部もの大ヒットとなり、生活環境もかなり改善されたそう。


ジェームズさんは、
「本の出版で得た印税のほとんどは捨てられた犬や猫を救済する基金に寄付する」
として、それほどお金持ちになったわけではないそうですが、
ボブが運んできた幸福は、お金では計れないものだったことは確実なようです。


o0490037812369283550.jpg


やはり、海外でも
<猫は幸運を呼ぶ動物>
ということなのかもしれませんね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

モラキュラーパラストロジストとは? [海外]

「モラキュラー」という単語がネットで話題になっているようです。

この単語の発信源は
「Youは何しに日本へ?」
という番組のようですね。


この番組は、日本の空港にいる外国人に
「あなたは何をしに日本へ来たのですか?」
と質問し、その答えの意外性をゲスト達が感心する
(*25歳年上の日本人彼氏に会いにきたゲイの男性など)

・・・という内容なのですが、インタビューした外国人の中に
「モラキュラーパラストロジスト」
という謎の単語を述べて去っていったカナダ人男性がいたんですね。


ネットでは、この番組を観て

「なんだそれは!?」

「君は日本に何しに来たんだ?なんかこわいぞ」

「googleで調べても出てこない。google先生敗北w」

などと、「モラキュラーパラストロジスト」の意味に興味を持つ人が
続出したようです。



ちょっと気になったので、調べてみると
「モラキュラーパラストロジスト」は英語にすると

「Molecular Parasitology」

つまり
「分子寄生虫学」
のことのようです


「Molecular」が分子、「Parasitology」が寄生虫学という意味のようです

「分子寄生虫学」なんて聞きなれない学問ですが、
日本でも三重大学などで「マラリアの研究」などに役立てられているようです


それにしても、日本人でも聞いたことのないような難しい学問を
わざわざ日本に来てまで研究しに来ているこのカナダ人男性は
もしかしたらすごい学者さんだったりするのかもしれませんね


41RHFD65XEL._SL500_AA300_.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

インドネシアの赤ちゃんがタバコを吸っている動画に非難が集中 [海外]

あなたは「ヘビースモーカーの2歳児」をご存じでしょうか?


昔話題になった、2歳で1日40本のたばこを吸うヘビースモーカーの赤ちゃん
アルディ・リザルくんです↓


0762s.jpg


アルディくんは、父親がいたずらでたばこを
与えた1歳半の頃からずっとタバコをすい続け、
半年後には1日に2箱も吸うヘビースモーカーになってしまったのだそう。



最も喫煙していた2歳の時には、
タバコを吸えなくなると、
頭を壁に打ち付けたり、他人に暴力をふるったりするように
なってしまう状態だったようです。





そんなアルディくんの様子は、各国のメディアで放送され、
「児童虐待ではないないのか!?」
「なぜこんな子供がタバコを手に入れられる環境」
という抗議が、彼の母国:インドネシアの児童保護団体に殺到しているそうです。


喫煙率が高いインドネシアでは
「子供の喫煙」が社会問題になっており、
3歳から15歳の子どもの実に25%が喫煙を経験しており、その内3.2%はヘビースモーカー化しているそうです。



2009年からインドネシアでも健康増進法が制定され、いろいろな対策に乗り出しているが、
「非喫煙」のメッセージはなかなか受け入れられないようです。



しかし、アルディくんの場合は、
抗議を重く受け止めたインドネシアの児童保護団体が
首都:ジャカルタで禁煙セラピーを受けさせた結果、ついに禁煙に成功。


禁煙後はずっとタバコを吸わない生活を続けられているそうです。


そんなアルディくんがその後どうしているかと言うと・・・

0767.jpg



・・・・なんか迫力が増した気がしますね


今はもうすっかりタバコから抜け出しているそうですが、
2歳の時の喫煙動画が衝撃的だったせいで、メディアは
まだまだアルディくんの今後を見守り続ける姿勢です。


アルディくんには、ぜひこのまま健康に生活していってほしいですね。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:動画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。